産業調査のメリット

産業調査をビジネスに活かす方法をご紹介!

このサイトでは、うまく活用したい産業調査でわかることを徹底解説しています。
次に同調査で業界全体の動きがわかる仕組みについて言及します。
それから、同調査をビジネスの事業戦略に役立てる方法を、具体例を交えながら述べることになります。
その他、同調査で日本の業界の動向が分かることも説明がなされています。
最後には、過去の調査データがビジネスで役に立つのか疑問にも答えています。
まとめとして、調査のポイントにも言及されます。

うまく活用したい!産業調査でわかることを徹底解説

うまく活用したい!産業調査でわかることを徹底解説 産業調査は業界の全体を俯瞰しながら、構造変化やマーケットの動き、ビジネスモデルの動向などを見るものです。
ビジネスの基軸などの視点に立ち、市場動向を分析するのに役立ちます。
そこからわかることは、業界の将来像を予測できたり、業界に必要な提言を行えたりするものです。
全ての仕事は事前調査から始まるもので、産業調査はビジネスに不可欠なものだと言えます。
そのポイントとなるのが、ビジネス上の戦略立案などの意思決定の材料を取得することです。
それもタイミングが大事なので、リアルタイムに情報を収集する必要があります。
産業調査によって必用な情報を収集することで、企業や顧客、そして社会を結びつける役割も果たします。
良いものを作れば売れる時代ではなくなっており、詳細な調査によって販売戦略を練らなければならなくなっているわけです。

産業調査をビジネスに活用する企業が増加中

産業調査をビジネスに活用する企業が増加中 産業調査を活用して効率的にビジネスを進める方が増えています。
競合他社の動向を定量的に調べることにより、間違いのないリソース資源の投入が可能になります。
新しい事業を立ち上げたり、新製品の開発を行う際には、産業調査を進める必要があります。
市場に多種多様なサービスや商品が展開されている現状では、確実なデータがなくては、事業が失敗する可能性があるからです。
一般的に開示されているデータでは、他社がどのような営業展開を行っているかが見えないのも実状です。
産業調査を専門に行う会社では、各業界に精通した専門家が多数在籍しています。
自社では知り得ることができない希少なデータを入手することができるのです。
自社で売れ行きに悩んでいる商材を、他社がどのような販促手法を取っているのかや、何名の営業部隊を構成しているのかなども、産業調査を活用することにより得られるのです。
産業調査を活用する際には、事前に調査項目を明確にしておきましょう。
調べる内容とアウトプットのスタイルを決めておけば、社内の企画会議の場や、取引先へのプレゼンテーションの席でも利用することが可能になります。
大規模なビジネスを展開する上では、定量的なデータが必要になるものです。

事業者に最適な情報を提供している産業調査

業界内の変化に関する情報を集めたくても、どこでデータをチェックしたらいいのか分からない時に役立つのが、多くの情報を提供していて事業者にぴったりな産業調査です。
大手企業の業績の変化などの数値だけでなく、ビジネスモデルの変動といった情報も分かりやすく説明してもらえるのが、事業者におすすめな産業調査だと言われています。
同業者のビジネスモデルが変化している事に気付けず、今までと同じやり方を続けていた事が原因で周囲から出遅れないか心配している方々も、調査結果のデータを参考にするだけで周囲の変化に追いつけます。
業界の将来像の予想などの具体的な解説も含まれているために、データを見ているだけでは業界がどう変化するのか予想できなくて困っている方々にも最適です。
どのデータを参考にするか迷っている時には、中立的で長期的な視点をベースに調査結果をまとめているものを参考にして、景気動向や新技術などの浄法もチェックしておく事をおすすめします。

産業調査を活用して時流に合わせたビジネスを展開

同業の他社から置いていかれると不安を覚える事が増えてきて、対処法が分からなくて困っている時に活用したいのが産業調査で得られるデータです。
他社の業績がどのように変化しているのか一目で分かるだけでなく、新しく出てきたビジネスモデルなどの浄法も確認できます。
同業者がビジネスモデルをどう変化させたのか、具体的な情報をチェックしながら他社を参考にするべき点を確認するだけで、長期的な意思決定の参考になるところが便利な点です。
製造業だけでなく物流やエネルギーや観光など、多くの業界の調査の結果を確認できる点でも注目されています。
災害などが原因で業界の動向がどのように変わっているのかなど、ケースに合わせたビジネスモデルの変動を予測できるのも特徴です。
大きな災害があった後には自分たちだけで予測を立てるのではなく、産業調査を利用しながら対策を立てるべきだと考える企業も増えており、正しいデータを多くの企業が求めています。

産業調査をお願いするときのポイントについて

産業調査をお願いするときには、何を目的に行うのかを明確にする必要があります。産業調査の内容は様々ですが、経営資源を調べることによって技術力・販売力・人材など様々な観点から、事業を行うために必要な資源との整合性を検討できるようになります。その結果を踏まえることで現在抱えている問題点や課題を抽出することで、必要となる経営資源を洗い出しができます。 事業環境を調べたいというときには、社会環境や人口動態、政策や法律、規制などマクロ環境を分析します。マーケットにおける市場環境を調べて分析することで、消費者のニーズや市場動向、将来予想など変化動向などがわかってきます。 その他、産業調査を行うことで弱みと強みを分析できるようになり、事業化に当たって強みをより強化し、弱みを補完・解消する方法などを検討することが大切です。 産業調査をお願いすることで、企業はより具体的に成長戦略を立てることができ、大きくすることにつながります。

産業調査で業界全体の取引をチェックするとは何ですか?

産業調査とは、簡単に言うと「その業界全体の動きをチェックしてデーター化する事」だと思って下さい。例えば食品や車産業等があったとして、「業界に新技術導入等による大きい構造変化が発生しているか」であったり、「現在どのタイプの取引が主流になっているか」といった点を1つずつ詰めていきます。他にも、「ビジネスモデルがどういう形に変化しているか」であったり、「どんなビジネスモデルには将来性があるのか」といったポイントも産業調査では重要なポイントとなります。 現場で働いているからこそ分かる事もありますが、その逆になってしまう事もあり特に経営等で会社全体の舵取りをしなければいけない様な時には、これらの分析を第三者に依頼する様な事も少なくありません。主要銀行等では、それぞれ専門の部署が立ち上がっており、それぞれ独自のサービスを展開している所も多いです。これらを踏まえるならば、「その業界の将来像と今後の舵取りに必要なデーターの収集を意味する」というのが結論となります。

産業調査の沿革と構造改革における基本方針について

産業調査の目的とは、企業活動の実態を明確にして企業に関する施策の基礎資料を得ることです。これは企業単位での目的で日本国内における全ての産業分野での産業調査の目的は、各分野における事業所や企業の経済的活動の実態を全国や地域別に明確にすること、事業所と企業を調査対象にする各種統計調査の精度向上に資する母集団情報を得るなど、このようなことが経済産業省の公式サイト「調査の概要」ページに記されています。
従来の日本の産業を対象にしている大規模統計調査の場合は、産業分野ごとにそれぞれの府省が異なる年次ごとや周期で行われていました。そのため、既存の大規模統計調査の結果を統合したとしても同一時点での包括的な産業構造統計を作ることができない状態が続いてたといいます。国民経済に占める割合が高くなっている分野において統計が不足しているなどの理由から、経済財政運営および構造改革に関する基本方針でもある骨太の方針を掲げたなどの経緯があるといいます。

産業調査は信頼性のある調査として注目されている

日本国の経済状況を知るためにも調査は欠かせないものですが、信頼性のある調査でないと意味がないのでその点をよく考えて参考になるものを集める必要があります。 職種別に分かれているものは尚良くそれによって建設業や卸売業など日本の経済状況を理解することができますが、その中でも産業調査は知りたいことが細かく載っているので利用している人も多いです。 産業調査により様々なことが分かり今後の指針になるのでこれを利用して長期的な方針を決めている会社もありますし、軌道修正をして経営を安定させようと努力をしているところもあり上手く使われています
重要な情報を得ることが出来る点に大きな特徴があり様々な職種のデータを把握することができますし、それによりこれから先の予測も立てやすくなります。
このように産業調査は様々な場面で使用されていて信頼性のおけるデータを載せているので、それを参考にしてこれからの指針を立てている会社が沢山あります。

分野に特化した産業調査に関することについて

企業にとって産業調査は欠かすことができません。それは競合他社に打ち勝つためにも、自社の存続をかけても必ず調査しなければいけないのです。また取引先の信用や資金ぐり、資産運用なども企業は知りたいと思っていることが多いです。
売掛先が支払期日までに支払いが出来なければ、自社までが連鎖倒産してしまう可能性があるからです。このような産業調査には、取引している銀行などに調査を依頼する企業も多いです。だが銀行系の調査には限界があることも多く、より詳しい調査を行いたい場合には調査会社などその分野に特化した企業に依頼することが賢明なケースも多々あるんです。調査会社であると膨大なデータ、聞き込みなどを持っています。その分野に特化した調査などもたくさんあり、より詳しい調査分析を報告してもらうことも出来ます。今は企業の安全を担保するためにも、互いに産業調査は欠かせません。どこに調査を依頼するかよく検討することが大事です。

産業調査はトレンドを知るうえで欠かすことができません

企業経営の上でよく取引先や競合他社の産業調査を実施することがあります。これは厳しい教を勝ち抜き、企業として存続していくために欠かすことのできない調査なんです。調べることでトレンドや流行、消費者のニーズや要望をクリアにでき、そこから分析して自社の商品開発やサービスの展開につなげていくのです。
産業調査とは様々な形で行われます。アンケート調査やモニタリング、マーケティングリサーチや消費者行動分析などその手法は豊富にあるのです。だが企業にとってこうした産業調査をどこに依頼するいかが問題になります。多くは取引のあるメインバンクに依頼することもよくあるんです。しかしある産業に特化したり、より緻密な調査や分析が必要な場合には、専門の証左会社に依頼する方が良いでしょう。調査会社は競合他社に直接訪問調査をしたり、社長直々に会って話を聞き出すなどより深く調査していることも多く、その調査結果や分析にはより信ぴょう性があります。

食品加工産業調査における問題点の指摘と公開方法

日本を代表する産業のひとつが食品加工業であり、菓子やパンのほか冷凍食品などさまざまな製品を生み出されています。大きな工場内で各ラインに分けて生産をされており、定期的に産業調査も実施をされるのが特徴です。
行政がその産業調査を担っていますが、どのような問題点を指摘されるのでしょうか。ここではその指摘内容と、改善方法を見ていくことにします。まず消防法に則った問題点を重視されるのが基本です。食品加工場の場合、高温のもとで商品を製造されるのが基本で、しっかりとゴミを除去して清潔にしていることを確認されています。スプリンクラーの個数や防火シャッターの有無も見られており、作動状況もチェックをするのが基本です。もしも1か所でも不備がある際は、すぐに操業を停止して、改善をしなくてはいけません。産業調査の結果はその都度広報誌で公開をされるため、われわれも新聞やニュースで知ることが可能となっている項目になります。

おすすめの産業調査情報サイト

産業調査


Copyright © 2020 産業調査のメリット all rights reserved.